2013年、今年になってとうとう購入することにしました。って、別に大した物じゃないのに今までお金出すの渋っていましたw

 

買ったものと言うのは、ユニクロのベストですね。ただのベストじゃなくてウルトラダウンベストです。でも、更にライトが付くのでウルトラライトダウンベストが正式名称になっています。

 

ユニクロのウルトラライトダウンベストの青色

 

価格は3990円です。ウルトラライトダウンジャケットや、パーカーなら5990円。いずれも高いものじゃないんですが、僕の場合、ベストは家の中で着る用に買おうと思っていたので、今までケチっていたわけです。今日は着心地の感想ではありません、軽くて暖かいのは言うまでもないので。

 

今日は、このベストを洗うときが来たら、どの様に洗うの?その方法についての紹介です。

洗い方について

ウルトラライトダウンベストの素材の表記

 

まず、ベストの素材を見てみると、ダウン90%、フェザー10%となっています。これは中身の割合ですね。

 

違いについて簡単に説明すると、ダウンは水鳥から毟り取った毛で、フェザーは羽根その物です。

 

さて、このウルトラライトダウンベストを洗う時ですが、まずは衣類に必ず表記されている洗い方に従うのが一番よいです。

 

ウルトラライトダウンベストの洗い方の表記

 

基本的にクリーニングを推奨していますが、手洗いも出来るようです。手洗いの場合、中性洗剤で30度以下のお湯で洗うのが原則です。洗濯機、乾燥機、脱水機の使用は禁止していますね。

 

ええ!脱水機はダメなんだ、じゃあ乾くまでに何日かかるねんwって思います。もし脱水機でダウンを脱水した場合、ダウンが片寄る事があるみたいなので脱水機の使用は自己責任でやりましょう。

 

 

ネットでの意見を見ていると、脱水機を使用している人は意外と多かったです、しかし、使う場合、30秒ぐらいに留めて置きましょう。とのことです。

 

 

脱水機が嫌な人は、手洗いしたベストを乾いたバスタオルで水を吸い取ると言う方法もあります。

 

次に、洗い方と脱水方法が分かったら乾かし方も重要になってきます。

形が崩れない上手な乾かし方

ダウンはハンガーに干すと形が崩れる事があるので、平らに干すのがベストです。そのような時に便利なアイテムがこれ。いろいろ物干しネットです。ニット、枕、ぬいぐるみを平らに干せます。

 

物干しネット

 

2段式になっていますが、分離するので1段だけでも使用できます。

 

ウルトラライトダウンベストを物干しネットに載せた画像

 

実際に乗せて、吊るしてみるとこの様になります。そのまま乗せれるので形が崩れません。

 

ゴムで止めた物干しネット 専用ネットにコンパクトに収納した物干しネット

 

専用のゴムと収納用のネットが付いているのでコンパクトに折りたたみ邪魔にならないので便利です。

 

いかがでしょうか。洗ってから干すまでの手順を紹介しましたが、これなら何年も形状を保ったままで、長持ちしそうな気がしませんか?安いものとは言え気に入って購入しているわけですから長持ちさせたいですよね。

 

皆さんも是非、ダウンを家で洗う時は無茶をせず、適した洗い方で洗うようにしてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

ページ上部に