気に入ったニットで、あまり聞きなれないリヨセルと言う素材が使用されていたので少し調べた所、レーヨンと同じような繊維?で、テンセルで有名なイギリスのコートルズ社が開発した素材と認識していましたが、実はリヨセルはオーストリアのレンチング社が開発した素材のようです。

リヨセルの特徴

レーヨンと違い、指定外繊維で縮みにくく丈夫なんだとか。シワにもなり難いし、肌触りもよく、汗の吸収率も高く、速乾性に優れているようです。ネットでは、セーターのように気を使わないといけないという見解もあるようですが、洗っても型くずれし難くいので、洗濯ネットに入れて家庭用洗濯機で洗っても大丈夫のようです。

 

でも手洗いのほうが良いっていう意見が多いので、神経質な人は手洗いしましょう

 

こんな感じで認識していますが、リヨセル繊維の衣類を買おうか未だ検討中です。なぜ躊躇しているかというと、真冬向きでは無いみたいだからです。防寒服としては優れていないみたいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

ページ上部に