お気に入りのパンツ(デニム・ジーンズ・ジーパン・チノパン)やバッグ、財布、ジャンパーなどのファスナー(日本ではチャックが一般的?)の滑りが悪くなったり、硬い、購入して持ち帰ったら滑りが悪いって事ありませんか?

 

僕は2度あります。しかも、大好きで、購入する機会が多いzaraでです。まあ、どこぞのブランドのファスナーが悪いとかは抜きにして、今回はジーンズの滑りを良くする方法について語りたいと思います。

 

※ 画像をクリックすると拡大します。

 

ジーンズのファスナーを半分まで閉めている画像 ジーンズのファスナーを半分まで上げた画像 2つ目

 

購入したばかりのスキニージーンズです。めちゃ気に入ったのに、上の画像のように半分までしか上がりませんでした。返品・交換しようかと思い、商品の在庫確認をしたところ、40が完売していました。

 

これはもう災厄の場合、衣類の修理屋に頼む勢いで自分で直して見ることを決意。とりあえず自分でできるありがちな修理方法として、ロウソクの蝋を使用して滑りを良くするというもの。

 その前にファスナーに食い違い(ズレ)がないか確認

僕の思いつきな部分もありますので、全て自己責任でお願いします。

 

ファスナーを更に下ろした画像 ファスナーを最後まで下ろした画像

【左】のように、下ろしているとチャックの半分が広がってしまいました(泣) 【右】のように最後まで下ろすと、チャックのズレを確認(噛み合い、食い違い)しました。

 

ファスナーを噛みあわせた状態の画像 噛みあわせてファスナーを最後まで下ろした画像

 

【左】は、ボールペンの先を使い、ファスナーをお互いに、ズレがないように押し込んでは下げて、また上げてを繰り返したものです。すると【右】のように完全に食い違いなく下ろせました。

 

ロウソク チャックにロウソクを塗りこんでる画像

 

【左】のように、蝋(ろう)を用意。正面と裏側に、【右】ロウソクの糸とは反対側で塗りこんでいきます。下から上まで丁寧に塗って行きましょう。

 

蝋をチャックに塗りこんだ状態 ラーターで軽く炙る

 

【左】正面、裏側に蝋(ろう)を塗りこみ終えたら【右】のようにライターで軽く炙(あぶ)ります。白くなっている蝋が透明になるくらい軽くです。

 

【9】のままでも滑りは良くなりますが、【10】をやる事で更に滑りが良くなると感じたので僕はやってるだけです。危険ですので推奨はしません。全て自己責任でお願いします。

 

チャックを全て上げた画像 ジーパンを実際に着て、ファスナーを上げた画像

 

すると、【左】先程まで半分まで上に上がらなかったはずのファスナーが、全快になりました。この作業に掛かった時間は30分程度です。また、【右】のように左手でボタンをグッと上に持ち上げて摘みながらチャックを上げる方が食い違いを防げますし、最後まで上げ易いです。

最後に

今回、この様な方法で滑らかにしましたがライターの使用以外は一般的な方法の1つです。しかしあれですね。zaraのファスナーの滑りの悪さにはホント参りますわ。利用する機会が多いだけに尚更です。

 

以前、zaraでバッグを購入した時もファスナーが悪かったのでこの方法で対処しました。このまえのブルーのデニムはそうでもなかったんですがね。あ、余談は別の機会にして、これにて滑りを良くする方法を終わります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

ページ上部に