シーズンごとにシャツを着分けている人にとって、シャツの保管は重要になってきますよね。ハンガーで1年間クローゼットに保存するのも良いでしょうが、カビが生えたり湿気による色あせ変色の可能性が出てしまいます。

 

そんな事がない様に、特にカジュアルシャツ、ドレスシャツなどの保管はきちんとしておきたいものです。そこで、今日は僕の保存の仕方をご紹介したいと思います。

 

シャツを保存するケース

 

 

まずはこの様なワイシャツを収納する専用ケースを購入します。僕はAmazonで買いましたが、1000円もしませんでした。このケースはシャツを2枚まで重ねて入れることが出来ます。

 

ケースの中にシャツを入れた状態

 

 

入れるとこの様になります。型崩れもせずすっぽりと収納が可能です。

 

シャツを2枚重ねて入れた状態

 

 

横から見るとこの様になっていますが、2枚で丁度ってのが分かると思います。

 

除湿材のシリカゲル

 

 

ここからがミソなんですが、僕は湿気を防ぐ為にこのような小さな湿気取りを2つほど入れておきます。これはシリカゲルと言って、電子レンジでちんすると、何度も再利用できるので便利です。

 

シリカゲルを入れて保存した状態

 

 

このよう状態で邪魔ならないところに置くようにしています。僕は、押入れに入れていますが、押入れにも除湿材を置いているので、色あせ、黄ばみの心配もないはずです。どうしても黄ばむ原因は保存の仕方が悪いからだと思うので、水分を吸わないように保管するよう心がけておけば大丈夫。

 

ただ押し入れの引き出しに畳んで保管すると、黄ばみ、変色、型崩れの恐れがあるので、長く使いたい高価なシャツなどには是非試しておいてはいかがでしょうか。長持ちさせたいですしね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

ページ上部に