僕はジャケット、コートを着ると最後にやる事があります。家に帰ると必ず上着などにスプレーをします。その後に洋服専用ブラシでブラッシングするようにしています。

 

ブラッシングのメリットはブラッシングしないと分からないと思います。僕も2年前までは衣類にブラッシングなんて考えられませんでした。ですが、少しいい物を買うと手入れをしたくなったのです。

 

その理由の1つとして、着ている服を長持ちさせたいと言う気持ちが強くなったからです。

 

例えば僕の場合、家から帰ると以下の画像にあるもので衣類の手入れをしています。

 

衣類を手入れするアイテム3種

 

【左】霧吹きの中は、ヒノキチオールを水で割ったものです。ヒノキには殺菌作用がありカビも防いでくれるし臭いのも取り除いてくれるのでヒノキの原液を水で薄めてスプレーしています。

 

【中】衣類専用の消臭スプレーです。用途は、スーツ、ニット、ジーンズ、スカートなどについたシワの除去、消臭、除菌、香り付け、静電気防止など。基本的にはあまり使用する事はありません。

 

【右】洋服ブラシです。僕は豚毛を使っています。【左】の霧吹きスプレー【中】の除菌消臭スプレー共に、最後にこの洋服ブラシでブラッシングして仕上げをしています。

 

僕は、基本的に【左】のスプレーとブラシだけで済ませる事が多いです。ですが、嫌な臭いが衣類に付いたとき。例えば、飲み会、雀荘、パチンコ店、ゲーセンなどでタバコに臭いが付いたときには、【中】除菌消臭スプレーとブラッシングで手入れをしてあげると、見事に臭いがなくなります。

 

僕はこれらギャンブルはやりませんが、一度カラオケ店に行った時、自分以外の人が全員タバコを吸っていたんですが、【中】の衣類専用スプレーで帰ってからふりかけてブラッシングしたら3日以内に臭いがなくなりました

 

後は、焼肉店の臭いにも効果があって、帰ってからスプレーしてブラッシングすれば見事に臭いがなくなります。

 

最後に、この様な手入れをする習慣は必ず生きてくると思います。服を長持ちさせるには必ずやって欲しいので、皆さんも是非、面倒くさがらずにやってみてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

ページ上部に