少し前のニュースで、中国上海がアジアのファッションリーダーになっていると言う記事がありました。ファッションリーダーと言うのはファッションの最先端を行く人たちの事を言いますが・・・。

 

僕はファッションを参考にするのは特にヨーロッパ(イタリア、イギリス、フランス、スペイン)が多いので、アジアでは参考にする事がありません。参考にしないというより自分がしたいファッションの原点が其処にないからしないだけです。

 

私たち日本では、ファッションの原点は着物やハカマのイメージが強いです。でも今の時代、京都以外で着物を見かける事はまあありません。

 

普通なら着物でも良い筈なのに、海外の文化が入ってくる事で日本のファッションも変わってしまいました。これは日本だけでなくアジア全般に言えることで、アジアにはそれぞれのファッション文化がありそれを今でも保っているのが普通なはずです。

 

ヨーロッパのファッションが浸透したのは、敗戦後、日本が西洋の文化に感化されて、今のようなファッションが定着していると思っています。さて、以下は、ファッション都市ランキングで、最も世界から注目されているかを示すランキングです。

 

ファッション都市ランキング

画像参考:http://jp.wsj.com/

 

 

この事から、世界第一位のファッションリーダーがニューヨークで二位がパリ、そしてロンドンと続くのはわかりますが、世界第10位、アジアではトップになった中国の上海がもっともアジアでお洒落であるという記事を見たとき、少し疑問に思ってしまいました。

 

本当にファッションリーダーに相応しいのかネットで上海のファッションを見ても、ヨーロッパの有名ブランドの服を身に着けているだけで、特に目新しい要素が取り入れられているとは思いませんでした。ん?よく見ると、記事の中に1つ納得する理由が書かれていました。

 

 

過去5年、香港はアジアのファッションリーダーだったが、今年の世界ランキングは8位から20位に順位を落とした。本部を米国に置くグローバル・ランゲージ・モニター(GLM)の調査によると、香港はアジアのライバルである東京とシンガポールにも負けた。上海は12位から10位に順位を上げ、アジアトップとなった。上海のおしゃれな人たちが贅沢品を大量に購入しているためである。

 

引用文:http://japanese.china.org.cn/life/2014-02/11/content_31432263.htm

 

どうやら、中国の経済成長で富裕層が増えて、贅沢三昧できると言う結果のよう?うん、なるほど、これなら順位付けが納得できる?でもあれですね、アジアで一番のファッションリーダーであると言うよりお金で大量のブランドを買い占めた結果、順位が決定しているような気がしてなりません。

 

でも今回の記事を見て僕自身、中国のファッションに少し興味が湧いてきました。今まで見る事も参考にする事もありませんでしたが、これからはもっと注目してみようかと思いました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

ページ上部に