11月中旬に近くのスーツカンパニーでベージュのジャケットを購入した感想です。普段あまり着ない色なんですが、年齢を重ねるごとに趣味も変わってきたのでイメージチェンジも兼ねてベージュジャケットに挑戦しました。

 


地味になりがちな色ですが、デニムに合わせてカジュアルに着こなし、かなり気に入りました。

 

コーデュロイジャケット ベージュのコーデ 正面から撮影 横から撮影 後ろから撮影

【上の画像は2012年冬のコーデ】

 

画像を見ればわかりますが、インナーに水色のシャツ、差し色にボルドーのベストを着用しました。パンツはリーバイス511(スキニー)を着用しています。靴は、先日購入したばかりのイタリア製、フランコリオーネのサイドコアブーツです。

 

シャツは白でも今回のような水色も良いと思いますし、赤色やブラウン+白などが入ったチェック柄もベージュジャケットに合うと思います。今回、ベストはボルドーを合わせましたが、ベージュ同系色のブラウンやジャケットよりも薄い淡いベージュなんかも良いかなって思いました。後はオレンジのニットなんかも合うと思います。

 

今回は少し色落ちしたデニムですが、もっと濃いデニムの方が良いのかな?って思います。まあ好みですね。靴は今回のようなサイドコアブーツも良いですが、ブローグシューズ(ブーツタイプも良いかと)何かも良いかなって思います。

 

2013年12月13日金曜日に追記した記事は以下になります

 

上の画像は去年の2012年のコーデですが、ファッションセンスが無いのが丸分かりですよねw 今でも決して良いとはいえませんが、今年は昨年よりはマシになったかと思います。

 

2103年のコーデュロイジャケットのコーデ コーデュロイジャケットに革のブリーフケース

【2013年のコーデ】

 

去年と変わった事があります。それは、素材感についてです。2012年では、コーデュロイに対し、インナーのシャツがモード系のカジュアルシャツでしたが、今年はVラインがかっこよくきまる、イタリア人が好むと言うホリゾンタル=水平の衿にしています。

 

シャツだけでもノータイで胸元も適度に開いてかっこいいんですが、今年はジャケットのコーデュロイに合わせてベストもコーデュロイにしました。素材の統一感がいっそ纏まりを感じさせます。

 

そして、去年は差し色を間違って使っていましたが(泣)今年は下手に差し色を使わず色合わせにも統一感を持たせました。最近は、色の合わせ方の感覚が良くなってきているのでしょうか、昔よりはめちゃくちゃ変にはなりませんw

 

画像の右の革のブリーフケースは青木カバンの「ラガード」です。おっさん臭さがあるんですが、男らしさもあって僕は気に入ってます。逆に、あまり綺麗系のカバンはこのコーデには合わない気がします。

 

僕のブログのタイトル通り、ファッションセンスを向上させる目的でこのブログを立ち上げているので、この様に以前の感覚とは違ってくるわけです。センスをもっと磨いてこれからも良い記事を書いていきたいです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

ページ上部に