寒さも本格的になってきたので僕が最近お気に入りのチェスターコートによるコーディネートを紹介したいと思います。今回は、街を歩いていてもなかなか見かけないのがデニムとのコーデです。

 

チェスターコートできれいめのコーデは繁華街などに行くとよく見かけるのですが、ジーンズで合わせている人は殆ど見かけることがありません。

 

昔の僕の感覚からすると考えられなかったんですが、ジーンズにシャツを着て、その上からベスト(ジレ)を着て、アウターにチェスターコートを着るのが最近好きです。もちろんファッションにも疎く発想が乏しい僕ですから、雑誌の影響なのは言うまでもありません(笑)

 

 

とにかく僕は、ヨーロピアンテイストが入っていたいので(憧れ)どうしてもレオンのような雑誌に感化されてしまいます。

 

さて、ベースになるのがリーバイスの511ですが、これはスリムタイプのジーンズになります。シャツはスーツカンパニーで購入したサックスブルーのシャツです。靴はフランコリオーネというイタリアの物です。ジレはスーツカンパニーでセールの時に購入したコーデュロイ素材の物です。

 

デニムとジレ

 

この上からコートを着るわけですが、まず始めに、淡いベージュを合わせる以下の様になります。

 

淡いチェスターコートのベージュのコートを着た状態 淡いベージュを着て前ボタンを閉めた状態

 

コートとジーンズを合わせるときはこの色味(淡いベージュ)が一番気に入っています。コートの素材はコットンなので、デニムとの相性もばっちりだと思います。

 

カジュアル感も出ていると思います。仮に、もしこの状態でカバンをもっと綺麗目にして靴をひも靴にしてしまえばきれい目になると思うので、今回の場合は僕の好みではありません。

 

濃い目のチェスターコート、ベージュを合わせた状態 濃い目のチェスターコートのベージュできれい目コーデをした状態

 

次に、スーツにもばっちり合うウール素材のチェスターコートを羽織ったらこの様になります。先ほどより少しイメージが変わると思います。ウール素材のコートの場合、僕は右上のようにインナーはタートルネックなどのセーターを着て、綿パンツでマフラーをするのが好みです。

 

ネイビーのチェスターコートを羽織った例 ネイビーのコートにインナーをハイネックにして前ボタンを閉めた状態

 

お次はネイビーのチェスターを合わせたもの。個人的に男の荒っぽさ見たいなのが出てて凄く好きです。右上の写真はインナーをオフホワイトのタートルネックにして前を閉めた状態ですが、十分カジュアル感も出てますし良い感じだと思います。

 

とまあこの様になん通りか合わせてみました。他にもっと良い合わせ方はあると思います。それと、これだけカジュアル感を出せたのは、少し色落ちしたジーンズだからだと思います。もし全く色落ちしていないデニムであれば、特に最後のネイビーのコートとの相性は今一な気がしました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

ページ上部に