地元のCOMME CA ISMでショルダーにもトートバッグにもなる、いわゆる2wayバッグを購入。色は淡いベージュで、縁や取っ手部分がブラウンになっていてオシャレ感が増しています。

 

コムサイズム 合皮バッグ ベージュ+ブラウン ショルダーストラップ

 

外側には何のロゴマークも入っておらず、非常にシンプルなものになっています。ショルダーバッグにして使用する時は、【画像右】の様にナイロン製のショルダーストラップを付けると良いのですが、如何せん安っぽいのが残念ですね。ショルダーストラップについては高級感を出すために後から交換する事にしました。

 

外側のポケット 開け閉めする時の留め具

 

本体の横幅が約43㎝程でしょうか。外側のポケットは、マグネットでプチッと止める、留め金式になっていて、すっぽりとものを入れれる仕様に。【画像右】は真上から撮影したものですが、ここもまたマグネットで止めれるようになっています。

 

合皮の質 素材感 内ポケット数と収納スペース

 

フェイクレザーなのか本革なのか見分けが付きにくいほどよく作られています。一部に牛革を使用しているようですが、わかりません(笑)【画像右】中身はこの様な感じです。側面に40㎝ほどのポケットが2箇所と、約13㎝のポケット(スマホがすっぽり入る程度) ペンを3本入れれるスペースに携帯電話がすっぽり入るスペースがあります。

 

これで価格は11,500円ぐらいだったと思います。

実際に使用してみた感想

さて、この記事を書いた時は、既に使ってみた後なんですが、軽くレビューをしてみたいと思います。まず、やはりショルダーストラップが完全にナイロン製と言うことで安っぽく見えてしまうのと、ショルダータイプにして使用するとズボンと擦れるので、本体部分(淡いベージュ部分)にデニム、ジーンズの色が付いてしまいました。

 

フェイクレザーでも光沢感が出るようにコーティングしているものがあると思うのですが、そうすれば色が付かないのかなって思いました。ですが、滑らかな高級感を演出するにはそこは仕方ないのかなって最終的には思いました。

 

色が付いた合皮、本体部分

 

どうでしょう?ジーンズの色落ちがモロに付いてしまいました。手っ取り早い対策としてはズボンに擦れないようにすれば良いのですが、それではせっかくの鞄が使いにくくなってしまいますし、ファッション的にも良くありません。

 

さて、今のところ色移りすることはぐっと我慢しつつ、この付着した色を毎回取ることにしました。そうなってくると、傷めずに取る方法を知りたいのですが、ものは試しで色々と試行錯誤してみようと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

ページ上部に