クッション性の無い靴ってたまにありませんか?革靴なんかに多いと思います。そんな靴を一日履いていると、足がめちゃくちゃ疲れますし、腰までもが痛くなってしまいます。ましてや、外反母趾、偏平足(僕はこれ)の人はなおさらです。

 

そこで役に立つのが靴の中に入れる中敷きでしょう。

 

とは言え、いろんな種類がありすぎて何が良いのかわからない人も居るともいます。でも悩む必要はありません。sorboの中敷きさえあればその様な悩みを解消してくれます。

 

sorboのインソールを購入

 

僕は今まで100均の中敷きを使っていましたが、ほんの気休め程度にしかなりませんでした。これを使うまではね。sorbo(ソルボ)のインソールは医療の現場から生まれた素材です。ヒールストライク(かかとへの衝撃)をやわらげて足を疲れにくくします。

 

側面から見たソルボのインソール

 

横から見ると、かかと部分が太めのクッションになっている事がわかるはずです。土踏まずより前部分は薄めですが、靴にこれを入れるだけで驚くほど足が楽になりました。

 

ソルボのインソールを靴の中に入れたところ

 

実際に入れてみたところです。ちなみに靴は、ベネトンのデッキシューズ(ネイビー)です。実はこの靴のクッションが悪かったので中敷きを買うきっかけになりました(笑)

 

感想ですが、100均なんかより全然重いので、ズレる心配がありません。作りもしっかりとしていて、何年も使用できそうです。

 

使用頻度が高い人は、シューズ用の除菌スプレーを毎回使用することをおすすめします。僕は足の大きさが28あるので2Lを購入しました。Lサイズ (26~26.5cm) Mサイズ(25~25.5cm)

 

Amazonなら定価よりも300円ほど安く買えます。
⇒ sorboの中敷きを見る

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

ページ上部に